小箱 栓 銀

本人と等しく、物腰の柔らかな作品をつくる
鉋や鑿などの刃物と自身の手を唯一の道具として
刳り、削り、磨いた木肌は、薄化粧を施したかのように優しく香る肌となっていく
刳りものにて制作する箱は、根気と時間を要、挑戦的な仕事の一つであろう
今作品は、外の白肌と内の黒漆の差異が魅力的な一品
茶道具を手掛ける同世代の金工家 長谷川清吉氏との初共作作品
純銀が、白と黒の結界の役割を果たしてくれている


material|wood/栓、silver
size|w6 d6 h6.1
金工|長谷川清吉作

販売価格 44,000円(税4,000円)
型番 H_KY_5